料金表

MENU

保険診療と自由診療の
違いとは

*

治療には健康保険が適用される「保険診療」と保険が適用されない「自由診療」があります。
下松市の歯医者 花岡ファミリー歯科では患者さまのご要望をうかがい、
保険適用範囲内では治療が難しい場合、自由診療での治療もご案内しています。

  • 保険診療
    国が定めた材料や方法の範囲内で行う治療です。同じ治療内容なら日本全国一律料金で治療を受けることができます。虫歯や歯周病などの一般的な治療は可能な限り保険診療の範囲内で対応しますが、できる治療に限りがあるため患者さまが希望される治療内容によっては保険の範囲内で対応できないこともあります。
  • 自由診療
    保険適用の範囲以外の様々な材料や方法で行う治療で、自費診療・保険外診療と呼ばれることもあります。保険診療と違い、費用は医院によって差があります。
    保険診療のような制限がないため機能性や審美性を追求し、理想に近づけることができます。

※価格は税別です。

詰め物・被せ物

詰め物(インレー)
オールセラミック
セラミック素材を100%使用した詰め物です。
透明感があり天然の歯のような美しい色・ツヤが再現できるためお口の中によく馴染みます。金属不使用のためアレルギーや変色に強く、細菌や汚れにも強いため長期間衛生的に綺麗な見た目を維持したまま使用していただけます。

*

55,000円

ジルコニア
強度が高いジルコニアセラミックのみで作られた詰め物です。噛む力のかかりやすい奥歯に使用することもできます。
色が白いため周りの歯に馴染みやすく、水分の吸収もないため変色しにくいのが特徴です。汚れや細菌にも強いので長期間衛生的に使用していただけます。

*

60,000円

デンタエンプラTUM
金属に代わる高分子材料で、耐久力や柔軟性が高く割れにくいスーパーエンジニアリングプラスチック素材の詰め物です。患者さまの歯の色に合わせた見た目でお口の中に馴染みやすく、メタルフリーのためアレルギーや銀イオンによる変色の心配もありません。

*

50,000円

ゴールド
保険の金属よりもサビに強く、生体親和性の高い貴金属(金合金・白金加金)を使用しているため、金属アレルギーや歯茎の変色のリスクが軽減できます。強度があり奥歯などの力がかかる部分にも使用できます。天然の歯と同じくらいの柔らかさのため、噛み合う歯を傷めません。

*

70,000円

被せ物(クラウン)
ジルコニアフレームセラミック
耐久性の高いジルコニアの外側を、審美性の高いセラミックで覆った被せ物です。強度と美しさを兼ね備えているため噛み締める力のかかる奥歯などにも使用できます。金属を一切使用していないので、金属アレルギーや金属イオンによる歯や歯茎の変色の心配がなく、汚れや細菌も付きにくいため衛生的に使用していただけます。

*

120,000円

ジルコニア
セラミックの中でも耐久力の高いジルコニアのみで作られた被せ物です。ジルコニアフレームセラミックのような透明感はありませんが、非常に強度が高いため、食いしばりのある方や噛み締める力の強い方の奥歯にも使用できます。汚れも付着しにくく衛生的で、メタルフリーのため歯茎の変色やアレルギーの心配はありません。

*

80,000円

デンタエンプラTUM
耐久性に優れたスーパーエンジニアリングプラスチックで作られた被せ物です。金属を一切使用しないため金属アレルギーなどの健康被害が心配な方も安心して使用できます。金属に代わる高分子材料で、耐摩耗性が高くすり減りにくいだけでなく、柔軟性があるため咬み合う歯を傷めにくいです。

*

70,000円

ゴールド
金合金・白金加金などの貴金属を使用した被せ物で、保険適用の金属よりも生体親和性に優れており金属アレルギーや歯茎の変色などのリスクが軽減できます。摩耗率も天然の歯に近く柔軟性があるため噛み合う歯を傷めません。金属なので強度も高く、噛む力のかかる奥歯などにも問題なく使用できます。

*

90,000円

コア(土台)
ファイバーコア
色が白く光を透過するため、審美性に優れています。素材はグラスファイバーとコンポジットレジンで、歯の根と同じくらいの弾力性があるため歯根破折が起きにくいなどのメリットがあります。
金属を使用しないメタルフリーなのでアレルギーや銀イオンによる変色の心配もありません。

*

10,000円

クレジットカードについて

自由診療(自費診療)に限り、下記のクレジットカードでのお支払いが可能です。

*

デンタルローンについて

下松市の歯医者 花岡ファミリー歯科では、自由診療(自費診療)のお支払い方法の1つとして、
デンタルローンをご利用いただけます。詳しくは以下よりご確認ください。

医療費控除について

医療費控除とは、ご自身や生計を共にするご家族のために医療費を支払った場合に受けられる、
一定の金額の所得控除のことです。
歯科の自由診療は高価な材料を使用する場合が多く、
治療代が高額になることがあるため医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると、
医療費控除が適用されて税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)
=( 支払った医療費の額 ー 保険金などで補てんされた額 ) ー 10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

ページの先頭へ戻る